その他施設

タカサキザイダン

高崎財団

高崎財団

027-321-1213

じぶんのお気に入り:
メモ: 
みんなのお気に入り:
  • お気に入り…1人

プレゼント
  • <応募は1/24まで> 群馬交響楽団 2月7日公演《展覧会の絵》ペアチケット 【お年玉プレゼント】 … 5 名様

    応募する

HOTニュース

子どもから大人まで、一流の文化芸能を味わえる公演が目白押し!


【7年ぶりの高崎公演】人形浄瑠璃 文楽

「文楽」(ぶんらく)は、楽器の浄瑠璃と人形で演じられる日本の伝統芸能「人形浄瑠璃」の一種で、江戸時代に大阪で生まれたものです。現在、公演が行われている人形浄瑠璃といえば、ほぼ文楽を指します。
物語を語る「太夫」、情景を音で表現する「三味線」、一体の人形を三人で遣う「人形」の三者で成り立ちます。世界に類をみない高度な技術を誇り、2009年にユネスコの世界無形文化遺産にも登録されました。
通常は、国立文楽劇場(大阪)・国立劇場小ホール(半蔵門)でしか上演されず、今回は地方巡業で鑑賞できる貴重な機会です!

ぜひこの機会にお楽しみください!

詳細は高崎財団ホームページへ
http://takasaki-foundation.or.jp/syusaijigyou/concert_detail.php?id=110

【3月14日(木)】人形浄瑠璃 文楽

世界に誇る伝統芸能の7年ぶりとなる高崎公演!

○日時
平成31年3月14日(木)
・昼の部
13:30開演(13:00開場、16:15終演予定)
・夜の部
18:00開演(17:30開場、20:20終演予定)

※字幕表示(舞台下手)があります。席によっては見えにくい場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※出演者の急病やその他やむを得ない事情により、代役もしくは演目を変更して上演する場合がございます。


○出演
【太 夫】豊竹 咲太夫
【三味線】豊澤 富助
【人 形】吉田 和生(人間国宝) ほか

※昼の部と夜の部で出演者が異なります。


○演目
【昼の部】上演時間:約2時間45分(休憩15分含む)
「解説」
「義経千本桜」椎の木の段
「義経千本桜」すしやの段

【夜の部】上演時間:約2時間20分(休憩15分含む)
「解説」
「義経千本桜」道行初音旅
「新版歌祭文」野崎村の段

■URL
主催:高崎財団ホームページでの公演概要 はこちらから
お得な昼夜通し券も発売!

○料金
S席4,000円
A席3,000円(U-25 1,000円)

昼夜両公演楽しみたい方へ!通し券も販売します。
【昼夜通し券】
S席6,000円
A席4,000円

※税込
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※U-25料金は公演当日25歳以下が対象です。
※昼夜通し券は窓口販売のみの取扱いです。(電話予約・郵送可)

○問い合わせ
高崎市文化会館
TEL.027-325-0681


演目の解説は、高崎財団WEBサイトに掲載していますので、ぜひご覧ください。

http://takasaki-foundation.or.jp/syusaijigyou/concert_detail.php?id=110

【1月1日(火・祝)】第29回高崎元旦コンサート

2019年のスタートは高崎元旦コンサートの音楽を体感してください!

2019年の高崎元旦コンサートは「ワルツ」と「タンゴ」がテーマ。

古典派演奏のスペシャリストである鈴木秀美の指揮で、ソリストにはバンドネオンの新境地を切り開く三浦一馬と超絶技巧の歌唱が各地で賞賛される中江早希を迎えます。

新年の幕開けにふさわしい躍動感あふれるプログラムにご期待ください!


【出演】
鈴木秀美(指揮)
中江早希(ソプラノ)
三浦一馬(バンドネオン)
群馬交響楽団(管弦楽)

【日時】
平成31年1月1日(火・祝)
開場時間 12:45
開催時間 13:30

【会場】
群馬音楽センター

【料金】
全席指定
一般 5,000円(友の会 4,700円)
U-25 2,000円

※税込価格です。
※U-25料金は公演当日25歳以下が対象です。

【主催】
高崎財団

【企画・制作】
(公財)群馬交響楽団

【お問い合わせ】
群馬音楽センター
027-322-4527

■URL
主催:高崎財団ホームページでの公演概要はこちらから

指揮を務める「鈴木秀美」

神戸生まれ。20世紀の最後16年間オランダ・ベルギーに住み、ヨーロッパ各地で演奏・指導する他、ブリュッセル王立音楽院バロック・チェロ科に初代教授として招聘され、2000年に帰国するまで務めた。

第37回サントリー音楽賞、2011年度斎藤秀雄メモリアル基金賞、文化庁芸術作品賞ほかを受賞。
-----------------------------------------------------------------------------
みなさんは、指揮者のあの動きがどういう意味なのか、疑問に思ったことはありませんか?

指揮者の指揮は、テンポや音のタイミングだけでなく、「この楽曲はこう演奏するのだ!」という指揮者の解釈を伝える役割もあります。

指揮者がいなくても、全員が楽譜どおりに演奏すれば、楽曲の演奏はできます。
しかし、大人数の演奏ではどうしても音にズレが出たり、曲も単調なものになってしまいます。

そこで指揮者は、自分の解釈を演奏者に伝えるだけでなく、各パートの音や動きを的確な指示で、演奏者たちを1つにしています。

演奏全体のまとめ役が指揮者なのです。

バンドネオン「三浦一馬」とは?そもそもバンドネオンって?

10歳でバンドネオンを始める。

2008年国際ピアソラ・コンクールで日本人初、史上最年少で準優勝。

2017年自らが率いる室内オーケストラ「東京グランド・ソロイスツ」を結成、同年11月には埼玉県「久喜市くき親善大使」に就任し、ますます活動の幅を広げる。
--------------------------------------------------------------------------------
「三浦一馬」さんの奏でるバンドネオンとは

蛇腹(じゃばら)という部分を伸び縮みさせながら鍵盤を押して鳴らす楽器であるアコーディオンの一種です。

ドイツで1840年ころ発明され、のちアルゼンチンに導入されて、タンゴの主要楽器として使われるようになりました。
四角形の長い蛇腹の両端にボタン式の鍵盤と、手首を通して楽器を保持する革バンドがつき、両ひざの上に置いて演奏します。

ソプラノ歌手「中江早希」

北海道出身。北海道教育大学岩見沢校芸術課程音楽コース声楽専攻卒業。

2008年旭川新人音楽賞受賞。

第12回中田喜直記念コンクールにて 第1位、など多数の受賞を誇る。

古楽から現代音楽まで幅広いレパートリーを持っている。
--------------------------------------------------------------------------------
彼女が歌うソプラノとは

女性の最も高い声域のことで、彼女はその歌い手です。

ちなみに音域は

バス ー テノール ー アルト ー ソプラノ の順で高くなっていきます。

もっとも高い音域のソプラノ歌手「中江早希」さんの歌声を聴きに、ぜひ1月1日(火・祝)は「群馬音楽センター」へ!

【3月9日(土)】世界が注目するウィーン・フィル初の女性管楽器首席奏者

名門ウィーン・フィルで活躍!「ソフィー・ダルティガロング ファゴット・リサイタル」

名門ウィーン・フィル初の女性管楽器首席奏者を務めるソフィー・ダルティガロングさんによる、ファゴット・リサイタルです。ファゴットの優しい音色をピアノとともに、324席の贅沢な空間でお楽しみください。

チケットは11/16(金)発売!完売必至です。ぜひお早めにお買い求めください!

【日時】
2019年3月9日(土)14時開演

【出演】
ソフィー・ダルティガロング(ファゴット)
沢木良子(ピアノ)

【曲目】
ヴィヴァルディ / チェロ・ソナタ第7番 イ短調 RV. 44
J. S. バッハ / 無伴奏フルートのためのパルティータ イ短調 BWV1013
テレマン / ファゴット・ソナタ ヘ短調 TWV41: f1
タンスマン / ファゴットとピアノのためのソナチネ
デュティーユ / サラバンドと葬送
ビッチュ / バスーンとピアノのためのコンチェルティーノ
サン=サーンス / バスーンとピアノのためのソナタ

【料金】
全席指定
一般 3,000円、U-25 1,500円
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※U-25料金は公演当日25歳以下が対象です。

■URL
公演の詳細(高崎財団ホームページ)

【2月2日(土)】大好評のコアホール落語会ふたたび!

心から笑う冬!コアホール落語会

人気噺家たちを招いて開く落語会。
浪曲や曲独楽といった演芸も交え、和の伝統芸能を存分に味わえます。

チケットは11/16(金)発売!
324席の濃密な空間、実力派の噺家たちの話芸で、心身ともに温まること間違いなし!ぜひお越しください。

【日時】
2019年2月2日(土)14時開演

【出演】
入船亭 扇遊(落語)
春風亭 柳若(落語)
やなぎ 南玉(曲独楽)
玉川 太福(浪曲)

【料金】
全席指定
一般 2,500円、U-25 1,500円
※税込
※特製手ぬぐい付き
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※U-25料金は公演当日25歳以下が対象です。

■URL
公演情報の詳細はこちら(高崎財団ホームページ)

【2月7日(木)】群馬交響楽団 平日午後公演《展覧会の絵》

平日午後に迫力のオーケストラで感動をお届け!

【日時】
2019年2月7日(木)
13:30開演(12:45開場)

【会場】
群馬音楽センター
TEL.027-322-4527

【出演】
指揮=大植英次
ピアノ=セルゲイ・カスプロフ
管弦楽=群馬交響楽団

【曲目】
ラフマニノフ/パガニーニの主題による狂詩曲
ムソルグスキー(R.コルサコフ編)/禿山の一夜
ムソルグスキー(ラヴェル編)/展覧会の絵

【料金】
全席指定
S席4,000円(グループ3,000円)
A席2,500円(グループ1,500円、U-25 1,000円)

※税込価格です。
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※U-25料金は公演当日25歳以下が対象です。
※グループ料金は、4人以上まとめて購入した場合の1枚当たりの特別料金。窓口販売のみの取扱いです。

【主催】
公益財団法人 高崎財団

■URL
主催:高崎財団ホームページでの公演概要 はこちらから

豪華な出演陣!!

◎大植英次さん(指揮)

指揮は、精密かつドラマティックなタクトが人気の大植英次さん。
国内外で活躍し、大阪フィルハーモニー交響楽団桂冠指揮者として現在は大阪を中心に活動なさっています。
かつて群馬交響楽団との共演時にも、その情熱的な指揮で鮮明なインパクトを残した名匠です。


◎セルゲイ・カスプロフさん(ピアノ)

2015年に、高崎で日本での初舞台を飾った名ピアニスト。
3年ぶりの高崎公演となる今回、この平日午後公演でのピアノ・コンチェルトのほか、2日後(2月9日(土))には、シティギャラリーでリサイタルを行います。
リサイタルでは、「禿山の一夜」や「展覧会の絵」をピアノ曲版で奏でるため、今回の平日午後公演でのオーケストラ版との聴き比べも堪能できます。

恵まれた体格が生む強靭な打鍵、美しい響きを追究する哲学、そして音楽への深い洞察…まさに“ロシア・ピアニズムの継承者”です。


◎群馬交響楽団

管弦楽を務めるのは、われらが群馬交響楽団。
迫力のフルオーケストラで感動の音楽をお届けします。

グループ割引とは…!?

本公演は、4枚以上まとめてお買い求めいただくと、割引の適用となり、特別価格でお買い求めいただけます。

例えば、A席4枚ですと…
(通常)
2,500円×4枚=10,000円

(グループ料金)
1,500円×4枚=6,000円

となり、4,000円もお得です!!
定価でも破格の設定ですが、今回多くの方が手軽に本格的なクラシック音楽をお楽しみいただけるよう、このようなグループ券をご用意いたしました。

「クラシックは敷居が高そうで…」という方こそ、この機会がチャンス!
TVなどできっと耳にしたことのあるお馴染みの曲も演奏されます。
(ディズニー作品で使われているあの曲も…!)
それらを迫力のオーケストラでじっくり聴いてみてはいかがでしょうか。

お仲間でお誘いあわせの上、ぜひご来場ください!

チケット販売のご案内

【プレイガイド(チケット購入お問い合わせ先)】

群馬音楽センター
TEL.027-322-4527

高崎市文化会館
TEL.027-325-0681

高崎シティギャラリー
TEL.027-328-5050

箕郷文化会館
TEL.027-371-7211

新町文化ホール
TEL.0274-42-9133

榛名文化会館
TEL.027-374-5001

吉井文化会館
TEL.027-387-3211

高崎市倉渕支所
TEL.027-378-4522

高崎市群馬支所
TEL.027-373-2604

チケットぴあ
TEL.0570-02-9999

イープラス(元旦コンサート、平日午後)
http://eplus.jp/

■URL
いつでも申し込める便利なインターネットチケットはこちらから♪

会場案内

群馬音楽センター

『元旦コンサート』
『群馬交響楽団 平日午後公演《展覧会の絵》』の会場です。


【場所】
群馬県高崎市高松町28-2
TEL:027-322-4527
FAX:027-322-4987

【アクセス】
●JRご利用の場合 高崎駅西口より徒歩約10分
●お車の場合 国道17号線 和田橋交差点を市役所方面に曲がり約400m

【駐車場】
■城址地下駐車場、城址第二地下駐車場、高松地下駐車場をご利用ください。 駐車料金は、 群馬音楽センター・高崎シティギャラリーをご利用のお客様は30分迄ごとに80円です。(割引価格)

※施設をご利用になられた場合はチケットの半券・パンフレット等を駐車料金の精算の際に ご提示いただくか、駐車券に各施設のスタンプを押してください。音楽センターでは、事前精算が可能な場合がございます。

【身体障害者用駐車場について】
敷地内西側に3台分のスペースがあります。詳細は当館(027-322-4527)までお問い合わせ下さい。

■催物開催時は混み合いますので余裕を持ってご利用ください。

■URL
会場の詳細はこちらから

高崎シティギャラリー

『J-Squad -2nd Album "J-SquadⅡ" Release Tour 2018-』の会場です。


【場所】
群馬県高崎市高松町35-1
TEL:027-328-5050
FAX:027-328-3191

【アクセス】
●JRご利用の場合 高崎駅西口より徒歩約10分
●市内循環バスぐるりんの場合 高崎駅西口より都心循環線で「音楽センター前」もしくは「市役所」で下車徒歩約3分
●お車の場合 国道17号線 和田橋交差点を市役所方面に曲がり約400m

【駐車場】
■城址地下駐車場、城址第二地下駐車場、高松地下駐車場をご利用ください。 駐車料金は、 群馬音楽センター・高崎シティギャラリーをご利用のお客様は30分迄ごとに80円です。(割引価格)

※施設をご利用になられた場合はチケットの半券・パンフレット等を駐車料金の精算の際に ご提示いただくか、駐車券に各施設のスタンプを押してください。

■催物開催時は混み合いますので余裕を持ってご利用ください。

■URL
会場の詳細はこちらから

おすすめのクチコミ  (6 件)

このお店・スポットの推薦者
女性 キャサリン さん (前橋市/60代) (投稿:2018/07/19  掲載:2018/07/20)
  • 女性 まなぴっぴ さん  (埼玉県熊谷市/40代)

    10/7のおかあさんといっしょコンサートへ行ってきました♪子供がガラピコぷ〜大好きなので、大はしゃぎ(^-^)とっても楽しいコンサートでした♫ (投稿:2018/10/12  掲載:2018/10/12)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:5
  • 男性 あいうえお さん  (藤岡市/40代)

    元旦コンサートは毎年楽しみにしています。以前は年末近くなってもチケットがとれたのに、最近は早めに購入しないと売り切れてしまいます。人気になってきたのですね。元旦コンサート、お土産も含めて今年も楽しみです。 (投稿:2018/09/26  掲載:2018/09/26)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:6
  • 女性 カレイ さん  (高崎市/30代)

    ぐんラボ!さんからチケットのプレゼントを頂きました☆ありがとうございました!!日本ポーランド共同制作作品「4つの季節の物語」を観に行ってきました。正直どのようなものか全く想像のつかない状態で行きました。三角形が無限に色々なものに変身して独特の世界を繰り広げていました☆静寂の中での舞台、楽器や歌での表現、賑やかなショー、クスっと笑えるパフォーマンス、天井まで届く美しい影絵…本当に色んな要素がたくさん詰まっていて、一言では言い表せない素晴らしい舞台でした。これを機に今後の高崎財団のイベントをチェックしてみたいと思いました! (投稿:2018/08/09  掲載:2018/08/09)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:6
  • 女性 そうちゃんママ さん  (桐生市/30代)

    ぐんラボの当選でチケットを頂いたので、 初めて小3の息子と劇を鑑賞してきました。 ポーランドの人形劇俳優さんによる、三角を使った4つの季節の物語ということで、最初はどんなものなのか… 飽きずに息子も見れるのか不安でしたが、 一番前の席に座り、ポーランドの俳優さんにハイタッチしてもらった瞬間から舞台を見る目がキラキラ輝いていました。 コアホールも初めてでしたが、観客と俳優さん達が一体化し子供達の楽しそうな笑い声が響いていました。 もちろん、大人の笑い声も♪ なかなか普段では体験出来ない、生の演奏もとても素晴らしかったです。 桐生から高崎シティギャラリーへ向かいましたが、道も分かりやすく、地下の駐車場を利用し雨でも濡れずに済みました。 また是非息子と一緒に、何か鑑賞しに行きたいと思いました。 (投稿:2018/08/08  掲載:2018/08/08)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:5
  • 女性 こざくら さん  (前橋市/30代)

    ぐんらぼ様から嬉しい当選通知とチケットが届いたのでありがたーく行ってきました。 ありがとうございます! 高崎シティギャラリーで行われたポーランドの人形劇俳優による「4つの季節の物語」を家族揃って鑑賞してまいりました。 駐車場はないので、提携先から好きな所へ停めるのですが平日という事もあり不便なく停められました。建物は分かりやすくキレイで、入口付近でベビーカーも預かっていただけました。 サンカク、オンガク、カンカク。 トライアングルの音から始まり、舞台ではサンカクが次から次へと形を変え、ギター・ピアニカ・リコーダー・ウッドブロックなど馴染みのある楽器と息遣いまで聞こえてくる声。どれも引き込まれる演出で、最初は子どもたちの話し声などもあちらこちらで聞こえましたが始まって少しするとシーンとして客席みんなで楽しんでいました。 コアホールだったので、座れる人数も限られていてここで劇や演奏など聞くのって贅沢だなぁと思いました。 終演後、会場出口で出演者の方とタッチを出来て娘はとても嬉しそうでとてもいい時間を過ごせました。 (投稿:2018/08/07  掲載:2018/08/08)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:6
  • 女性 キャサリン さん  (前橋市/60代)

    群馬音楽センターをはじめ、高崎のホールをまとめている財団ですよね。吉井、箕郷、シティーギャラリーなどなど。一番素晴らしいと思った企画が、蝶々夫人。演出が笈田ヨシ氏で、蝶々夫人が中嶋彰子氏でした。地方にいながらの超一流のステージでしたよ。 (投稿:2018/07/19  掲載:2018/07/20)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:6

※クチコミ情報はユーザーの主観的なコメントになります。
これらは投稿時の情報のため、変更になっている場合がございますのでご了承ください。

このお店・スポットのクチコミを書く

このお店・スポットをモバイルでみる

読取機能付きのモバイルなら、右のバーコードから簡単にアクセス!
便利に店舗情報を持ち歩こう!

モバイル版バーコード

このお店・スポットをお気に入りしている人はこちらも見ています

周辺のお店・スポット