名所・観光地

キュウイノウエフサイチロウテイ

旧井上房一郎邸

旧井上房一郎邸

027-324-6125

じぶんのお気に入り:
メモ: 
みんなのお気に入り:

2019年10月からの消費税率の変更にあわせ、記載されている金額・料金等が変更となっている場合がございます。詳しくはお店・スポットにお問い合わせください。
住所 高崎市美術館内, 八島町110-27, Takasaki-shi, Gunma
高崎市八島町110-27
高崎市美術館内
TEL 027-324-6125

※お問い合わせの際は「ぐんラボ!を見た」とお伝えいただければ幸いです。

FAX 027-324-6126
営業時間
[3月~11月]
10:00から18:00まで(入館は閉館30分前まで)
[12月~2月]
10:00から17:00まで(同上)
※観覧には美術館の観覧料が必要となります。
店休日 月曜日
※祝日の場合は開館し翌日休館、祝日の翌日、展示替期間、年末年始(12月28日から1月4日まで)
駐車場
契約駐車場有(詳細は美術館へお問い合わせください)
リンク

このお店・スポットが掲載されているMAP

オススメ

音楽センター設計者の建築家アントニン・レーモンドの建築スタイルを取り入れたもので、戦前・戦後を通じて交流した井上とレーモンドの友情の証でもあります。
椅子をはじめとした当時の家具もそのまま置かれており、ノスタルジックな雰囲気に浸る楽しみも。
庭園には、控えめで奥ゆかしい花々がひっそりと、時に力強く咲いています。街中の小さなオアシス、旧井上邸の庭園散歩を、楽しんでみませんか?

お店・スポットからのメッセージ

本市の文化振興に大きく貢献した井上房一郎の自邸として建てられました。現在は、高崎市美術館の一部として公開しており、建物の中に入ったり庭園を散策したりして、ゆっくりと楽しむことが出来ます。


※表示の電話は高崎市美術館の番号です。

おすすめのクチコミ  (13 件)

このお店・スポットの推薦者
男性 ハンニバル さん (前橋市/30代) (投稿:2012/05/11  掲載:2012/08/07)
  • 男性 くつたろう さん  (前橋市/30代)

    高崎市美術館内にあり、とても大好きな場所です。 高崎駅からすぐの場所とは思えない空気をまとった空間なんです。 建物も本当に素敵で、特にベッドにもなるソファが秀逸。 自邸にもあんなソファと収納できるスペースが欲しいなと思いましたが無理でした(笑) (投稿:2019/08/07  掲載:2019/08/08)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:6
  • 女性 はるみん さん  (前橋市/20代)

    高崎市美術館に行った際に、一緒に伺いました。 入口の蚊取り線香の香りが懐かしく、落ち着きます。趣ある縁側、照明、暖炉。ただボーッと外を眺めているだけで、癒されます。お庭に青々とした紅葉の葉があったので、色づく頃にまた来たいです。 (投稿:2019/08/02  掲載:2019/08/05)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:5
  • 男性 Pooh_5MT さん  (高崎市/50代)

    高崎市美術館のあと、こちらにも寄りました。いつもの展示に加えて、美術館の「山口薫展」と連動した展示もありましたね。庭にスズメバチが出るらしく、あちこちに注意書きがありました。。。 (投稿:2018/10/28  掲載:2018/10/29)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:5
  • 女性 るみな さん  (前橋市/20代)

    高崎市美術館に観覧料を支払うと一緒に案内してくれました。 音楽センターを建築したレーモンドのスタイルを取り入れてあるので、おしゃれで素敵でした。 (投稿:2018/09/20  掲載:2018/09/20)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:5
  • 男性 Pooh_5MT さん  (高崎市/50代)

    美術館のほうに一緒に投稿してしまいましたが、昨日立ち寄りました。2回目にして、群馬交響楽団、県立近代美術館、群馬音楽センターなどの設立に携わった方ということを初めて知りました。。。お父さんは白衣観音を建立したそうで、共に群馬や高崎の発展に尽力されたのですね~。房一郎さんと同様、美術に造詣の深い実業家の、石橋正二郎さんが思い浮かびました。 (投稿:2018/05/07  掲載:2018/05/08)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:6
  • 女性 ジャンヌ さん  (高崎市/30代)

    先日高崎市美術館に行った際に寄りました。展示作品の一部が飾られていて写真も撮影して大丈夫とのことでしたので、たくさん写真を撮りました。旧井上房一郎邸の中に飾られると作品も雰囲気が変わりますね。とても良いと思いました。庭園の紅葉がキレイだったので、こちらも写真を撮りました。ゆったりとした落ち着いた時間を過ごせて満足です^^ (投稿:2015/12/03  掲載:2015/12/03)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:3
  • 男性 ハンニバル さん  (前橋市/40代)

    「渡辺おさむ展 お菓子の王国」の企画展にあわせ「旧井上房一郎邸」もイメージチェンジ!庭の飛び石がクッキーになっちゃってます。風情ある床の間にデコダルマが鎮座してたりと結構笑える!雨天に訪れたのですが、これがまたイイ!軒から落ちる雨水。とっても趣があります。梅雨には梅雨の楽しみがありますね。 (投稿:2014/06/11  掲載:2014/06/11)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:2
  • 女性 Pezdecolores さん  (渋川市/20代)

    高崎市美術館に行ったら、こちらにも入れると教えてもらったのでふらり立ち寄ってびっくり。高崎駅前にこんな落ち着いたすてきな空間があるとは知りませんでした!庭園とノスタルジックな雰囲気の邸宅、さらにアートが一体となっていて、扉をあけたら別世界といった感じです。美術館には子どもも多かったですが、こちらは大人向きかな~と思いました! (投稿:2013/01/15  掲載:2013/01/16)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:1
  • 女性 オレンジミント さん  (高崎市/40代)

    ブルーノ・タウトを高崎に招聘した井上房一郎氏の自邸。建築家アントニン・レイモンドの住まいに魅かれた彼はレイモンドの許可を得て実測し、それを元に再現したのだそうです。高崎市立美術館の扉を開けると、まるでタイムトンネルをくぐったかのように、市街地の喧騒とはかけ離れた異空間。耳を澄ませば、小鳥がさえずり、竹林を吹き抜けるさらさらとした風音が耳を過ります。、谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を彷彿とさせる美しい室内、ぜいたくなたっぷりとした空間、使い込まれた椅子、どれも素敵です。ゆったりと過ごしたい、特別な場所です。 (投稿:2012/08/16  掲載:2012/08/16)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:2
  • 男性 深山鍬形 さん  (高崎市/30代)

    軒の出を広くとり、その下に雨落ち、木の構造の見える平屋建築です。とても趣を感じる建物です。加えて庭の仕上がりが素晴らしいです。雨落ちの先に玉砂利を敷き、低い生垣、さらに低い木から奥に行くにしたがって高い木へと繋がってます。高崎駅のすぐ前とは思えない程、木々により奥行感と静寂を感じます。 (投稿:2012/08/16  掲載:2012/08/16)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:1

※クチコミ情報はユーザーの主観的なコメントになります。
これらは投稿時の情報のため、変更になっている場合がございますのでご了承ください。

次の10件

このお店・スポットのクチコミを書く

このお店・スポットをモバイルでみる

読取機能付きのモバイルなら、右のバーコードから簡単にアクセス!
便利に店舗情報を持ち歩こう!

モバイル版バーコード

周辺のお店・スポット